あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「七つの黒い夢」

七つの黒い夢 (新潮文庫)七つの黒い夢 (新潮文庫)
(2006/02)
乙一恩田 陸

商品詳細を見る


乙一・恩田陸・北村薫・誉田哲也・西澤保彦・桜坂洋・岩井志麻子の7人の作家の書いた”黒い夢”を
テーマにした短編が結集した1冊。



読了27冊目。

あおと評価:★★★★

「この子の絵は未完成」(乙一)、「赤い毬」(恩田陸)、「天使のレシート」(誉田哲也)、
「10月はSPAMで満ちている」(桜坂洋)は、”黒い夢”という言葉とは、うらはらに全体的にやさしい読後感が
ただよい、私好みの話。

「百物語」(北村薫)、「桟敷がたり」(西澤保彦)、「哭く姉と嘲う弟」(岩井志麻子)はテーマ通り、
背筋がゾッとする話だが、さすが!といった切れ味のある話ばかりで、お気に入りの1冊です。
スポンサーサイト

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。