あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神童」(DVD)

神童オフィシャルサイト

原作はこちら↓

神童 (1)神童 (1)
(1998/06)
さそう あきら

商品詳細を見る


あおと評価:★★★

原作を知らずに映画だけのかと思って見ました。
好きな成海璃子ちゃんと「DEATH NOTE」のL役でおなじみの松山ケンイチくんが主演だったので、
ナイスな組み合わせじゃん!とDVDの表紙にも魅かれ、借りました。

神童の少女だけどピアノが嫌いな”うた”とオチこぼれだけどピアノが大好きで努力家の”和音(ワオ)”
という反対コンビの組み合わせも何だか面白そうでいいなぁ、と。

お互いにないところを埋めあっていき、ゆっくりゆっくり人間関係を作っていくところがよかったです。
ただ、もう少し”うた”と”ワオ”の心の交流は欲しかったところ。

意外と絡みが少なくて、”うた”が最後は自分一人で強くなってしまい、
”ワオ”が置いてきぼりだったところが何だか可哀想でした。
もう少し余分な場面を省いて2人の交流があったら、よかったなぁ、と残念ではあります。

ただ原作があるということを後で知ったので、それは無理だったのかな?
読んでないので、よく分かりませんが。

ピアノの音が好きな人なら、ピアノの美しい音を聞いているだけでも楽しい映画です。
私は楽しかったです。

主題や細部が分かりにくかったので、その内原作を読んでみようと思います。
スポンサーサイト

「きみにしか聞こえない~Calling You~」(DVD)

きみにしか聞こえないきみにしか聞こえない
(2007/12/07)
成海璃子.小出恵介

商品詳細を見る


傷つきやすく内気な女子高生、リョウ。友達のいない彼女はケイタイも持っていない。そんなある日、公園で拾ったおもちゃのケイタイから着信音が流れる。それは、見知らぬ青年シンヤからの電話だった。この時から、ずっと孤独だった2人の、不思議な交流が始まる。頭の中に直接聞こえてくる声で“電話”するうち、2人の心は打ち解け、互いの存在に励まされるようになっていく。そしてついに、2人は実際に会う約束をするのだが…。(goo映画より引用)



あおと評価:★★★

原作はこちら↓

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
(2001/05)
乙一

商品詳細を見る


KIDSが思ったよりよかったので、もう1本乙一の映画を見たくなりました。
(もちろん、原作の方は大学生時代に読了済み。)

最初はシンヤが小出恵介ってどうなの…(゚ロ゚;)!?
と、ちょっとガッカリしましたが、シンヤの設定がアレだからOKかなぁ…と思っているうちに、
シンヤの純粋な笑顔に見入ってしまい、最後は小出くんでOKだったなぁ、と納得しました。

(えーと、アレの設定はネタバレになるので実際に見てみてください)

原作とは内容が違っているところが結構あって、「あれ?」と思う部分も多かったのですが、
それなりにきれいにまとまっていて、まぁ、よかったと思います。

成海璃子ちゃんが好きなので、私としては「可愛いなぁ(´▽`*)」と見ていました。
(話のオチは小説で知っていたし)

ただ、最後のつけたしはいらなかったのでは…とも思いますけどね。

璃子ちゃんが一生懸命「シンヤさーん!」と叫ぶシーンが可愛くて好きでした。
璃子ちゃん好きなら、最後まで楽しめること間違いなしです。

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。