あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎドロップ 最終巻

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
(2012/03/08)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


とうとう10巻が出ました!最終巻もとい番外編です。

やっとコウキのおでこの傷跡の謎が明かされたり、その後の2人の様子が描かれていたり、
でも、ちょっとだけ期待してたのとは違ったような、ホッとしたような(笑)。

最後まで読んで、やっぱりしみじみと「うさぎドロップ」よかったなぁ、と
改めて思った1冊でした。

ファンなら買って損はないと思います。
スポンサーサイト

うさぎドロップ

うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))
(2006/05/19)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


最近、見つけたマンガです。
全9巻だったかな。

前半は子育て要素、後半は恋愛要素で出来ています。

祖父のお葬式に出た主人公・大吉が、その場で祖父の隠し子と思われる「りん」を
引き取って、父親代わりとして育てるというストーリー。

親戚みんなが急に現れた隠し子の存在にとまどい、厄介者扱いするのを見かねて
独身(恋人なし・結婚経験なし)にも関わらず、いきなり6歳の女の子を引き取ることに。

最初はもちろん様々な問題に直面して、とても苦労します。

でも、どんな時でも大吉のりんを見守る視線が優しく、愛情にあふれていて、
見ているこちらまでほんわかした気持ちにさせられます。

大吉がりんと過ごしている時にぶつかる問題は、子育てをしている人なら
きっとみんながぶつかる問題で、「そうそう」と思わず共感。

一番印象的だったのは、引き取ると言い出した大吉に
「引き取るなんてありえない」とみんなが声を揃えて反対し、

「私はあんたたちを育てるために、どれだけ自分の時間を犠牲にしたと思ってるの!?
 独身で子どもも育てたこともないあんたに、そんなこと出来るわけない!」


というようなセリフを声高に叫ぶ自分の母親に対し、

「俺はりんのために、果たして自分を犠牲にしているんだろうか・・・?」

と疑問に思う大吉。
それに子育て仲間のママ友・パパ友がくれた答えがとても素敵でした。

「私はそんな風に思ったことはありません。
 だって、仕事をしている時間は自分の時間でしょ?子どもと一緒にいる時も自分の時間。
 全部、自分の時間ですもの」


にっこり笑って、そんな風に幸せそうに答える彼らのセリフに心打たれました。
そんな風に考えることも出来るんだなぁ、と目から鱗の思いでした。

時々、そのセリフを思い出すと、スッと心の中が軽くなるようになりました。

子育ては基本的には楽しいものですが、時々ちょっと行き詰まる時もあって、
そんな時は、色々なものにちょっと勇気をもらいます。

その中の一つが、うさぎドロップでした。

後半の部分は、ちょっと展開が飛んでいる気もするけれど、
ほんわかした雰囲気が最後まで続いていて、それはそれで好きです。

何度も読み返したくなるいいマンガだな、と思いました。

マンガ「聖☆お兄さん」

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
(2008/07/23)
中村 光

商品詳細を見る


あおと評価:★★★★

母が友人から借りていたマンガが面白いというので
読まさせてもらいました。

表紙の通り、ブッダとキリストのゆるゆるマンガ。

怒りを感じると後光が差すブッダや、我慢しすぎると聖痕が開いて
血まみれになっちゃうキリストなど、基本的な設定は抑えつつ、
2人のやりとりのおかしさがじわじわっとこみあげてくるマンガです。

1巻の最初の方はシュールすぎて笑えなかったけど、だんだん
おかしさがこみあげてきて、最後には何度か読み返してしまいました。

まだ2巻までしか出ていないんですね。早く次出てほしいなぁ。

「結婚式っておもしろい!?」

結婚式っておもしろい!?結婚式っておもしろい!?
(2008/04)
たかはし みき

商品詳細を見る


あおと評価:★★★★★

(これは、マンガなので、あえて読了の中に入れませんでした)

これは、みなさんご存知「こげぱん」のキャラを描いた人が書いているマンガです。
でも、もちろん「こげぱん」に関してのマンガではなく、題名通り結婚式について書かれたもの。

実際、たかはしみきさんが経験された自分の結婚式までの準備と当日の様子を
苦労話や楽しかったことなど、マンガで分かりやすく書いてくれています。

結婚式までの準備ってどんなことがあるの?どんなことをすればいいの?
っていうか、結婚式って何!?

という疑問に全部答えてくれるマンガです。

これを読むと、結婚式の実態(?)が分からない!という人もとても心強いです。
特に、結婚式の準備中の人には、とても助かる1冊でしょう。

とってもおすすめですよ!
結婚式の準備を進めているそこのあなた、ぜひ読んでみてください♪

「君に届け」

君に届け 1 (1) (マーガレットコミックス)君に届け 1 (1) (マーガレットコミックス)
(2006/05/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


出版社/著者からの内容紹介
陰気な見た目のせいで怖がられたり謝られたりしちゃう爽子。爽子に分けへだてなく接してくれる風早に憧れている。風早の言葉をきっかけに変わっていけるみたい…。夏休み前、爽子は肝試しでお化け役をやることに!?



あおと評価:★★★★★

今読んでいるマンガの一つ。
私はマンガでも本当にいいものには本気で泣く女ですが、これにも泣かされました。

前髪パッツンな爽子(さわこ)は、長ーい髪と笑うと不自然に不気味になってしまう笑顔のせいで
「貞子」とあだ名をつけられてしまったクラスで浮いている女の子。

でも、本当はちょっと不器用でものすごーく真面目な天然女子高生。
何事にも一生懸命で、みんなのためになることを黙ってやる偉い女の子です。

クラスのみんなに避けられようと、挨拶が返ってこなかろうと、
毎日ちゃんと挨拶したり、みんなが嫌がることを率先してやったり、
こちらが見習いたいくらいの真面目さ。

それでも、嫌われ、避けられてしまう爽子を思わず応援したくなるのですが、
ちゃんとクラス人気No,1の風早(かぜはや)が見ていて応援してくれます。

そして、風早をきっかけに爽子の頑張りがクラスメイトにも認められていって、
新しい友達も出来て…。

これが友情だよ!青春だよ!という人間ドラマを見せてくれるアツいマンガ。
1巻読んだだけで号泣でした。

宝島社の「このマンガがすごい!」2008年版オンナ編の1位作品にあがるだけあります。
現在、5巻まで出ていますが、これからが爽子や友だちの恋編につながっていきそうです。

ますます目が離せません!

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。