あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インストール」

インストール (河出文庫)インストール (河出文庫)
(2005/10/05)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


内容(「MARC」データベースより)
突然、学校生活から脱落することを決めた高校生・朝子。ゴミ捨て場で知り合ったクールな小学生かずよしに誘われて、チャット風俗で一儲けすることに。押入れのコンピューターから覗いた「オトナの世界」とは? 文芸賞受賞作。



あおと評価:★

読了6冊目。

文章が非常に読みにくいです。文のリズムも悪い。
地の文と会話文がいっしょくたになっています。

最初の2ページで読むのが嫌になってしまいました。。。

が、耐えて最後まで読みました。
途中から会話文が増えてきて、なんとか最後まで読むことができたという感じです。

金原ひとみの「蛇にピアス」を読んだときと同じように、かなり苦痛でした。

でも、こういう文体が好きな人は好きなんでしょう。
解説の人は「天才!」とかベタぼめでした。(まぁ、解説だし当たり前ですね)

「蛇にピアス」は、湿気100%のジメーッとしたなめくじのような話とすれば、
「インストール」は現実味0%のふわふわした風船のような話、という感じです。
(あくまで私のイメージですけど)

学校生活から脱落、ってあらすじには書いてあるけど、単なる不登校だし、
クールな小学生っていうのも、ネットのエロ世界にまみれちゃってるありえない子どもだし。

まぁ、病んでるな、と。

とりあえず綿矢さんは、もうお腹いっぱいです。
スポンサーサイト

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。