あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サマーウォーズ」

サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)
(2009/07/25)
岩井 恭平

商品詳細を見る


2009年読了10冊目。(総合55冊)
あおと評価:★★★

これは、あらすじを紹介するよりも、たぶんここを見に行った方が早いですw

↓     ↓     ↓
サマーウォーズ公式サイト

「時をかける少女」のスタッフが再集結して作ったというので、
「映画館で見たいっ!」と思っていたのですが、ちょっと無理そうなので
あきらめていたら、本屋さんに小説が置いてあったので、
つい手にとって買ってしまいました。

岩井恭平さんは、もともとライトノベルの作家さんのようですが、
これは、表紙だけがアニメで中身は普通の小説です。

まぁ、内容的にはネット上の話なので、ライトノベルに近いと言えば
そうなのかもしれません。
文章も割と軽い感じで書いてあるので、サクサク進みます。

アバターで生活をし、メールも、チケット購入も、ニュースも生活に必要なものは
なんでもできちゃうシステム空間(そんな言葉ある?) ”OZ” の管理センターの
パスワードがAIによって盗まれます。

しかし、その暗号化されたパスワードを実際に解いて、知らず知らずの内に
AIに教えてしまったのは主人公。

主人公は、ヒロインにかっこいいところを見せるため・・・じゃなかった、
世界の危機を救うため、ヒロインの家族とともに最強AIと戦います。ネット上で。

たくさん出てくるキャラたちも1人1人が魅力的です。
特に侘助(あれ?BLEACHにもこんな名前の刀があったような←関係ない)さんは
萌えますね!(東大卒、旧家出身、アメリカ帰り)
ヒロインの淡い恋心も知りつつ、ちょっと意地悪な言動というSっぷり。
私のようなMの人は、ドキドキすると思います。(笑)

poster13.jpg
侘助さん。なんて男前。(萌)

家族のあったかい絆あり、ほのかな恋心あり、ネット世界での戦いあり、と
さまざまな要素がつめこんである話をよく小説にまとめたなぁ、
という印象なのですが、やっぱり映像で見たかったなぁ、と思いました。

「ハリー・ポッター」と同じで小説も決して悪くないんだけれど、
(むしろ細かい設定とかがわかって、それはそれで面白いんだけど)
やっぱり映像化したところが見たいっ!たぶん、その方が面白い!
という話です。

DVDを借りようと強く思いました。

poster22.jpg
スポンサーサイト

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。