あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂尊

商品詳細を見る


ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂尊

商品詳細を見る


読了6冊目。(総合51冊目)
あおと評価:★★★★

やっと手に入れられた「チーム・バチスタの栄光」でおなじみの
田口・白鳥シリーズ第3弾の文庫本。

昨年の終わりごろ、地元の本屋さんで下巻だけが売っていて、
思わずハードカバーを買いそうになったけど、我慢していたかいがありました。

最初に「チーム・バチスタの栄光」を文庫から買ったので、
全部文庫で制覇したいと思ってます。

だから、次の「イノセント・ゲリラの祝祭」も、もうハードカバーでは
出てるのを知ってるけど、まだ買わない…。うぅ…。

「チーム・バチスタの栄光」は栄光にちなんで黄色、
「ナイチンゲールの沈黙」は沈黙を表す(?)青、
そして、今回の「ジェネラル・ルージュ」はルージュの色で赤。

まぁ、今回の赤の意味には「”血まみれ”将軍」の異名から
取った赤も入っているようですが。

「バチスタ」が栄光の陰に潜む胡散臭さ、「ナイチンゲール」が狂気とすれば、
「ジェネラル」は高潔な傲慢さ、っていう表現が一番似合いますね。

もっと言うと、「バチスタ」が秀吉、「ナイチンゲール」が家康、
「ジェネラル」が信長って感じでしょうか。
(あくまで私の物語全体に対するイメージですよ。)

なにしろ今回の物語は「バチスタ」や「ナイチンゲール」にあったような
犯人探しや謎解きがメインではありません。

救急救命部長・速水医師の医療に対する情熱、
目の前の患者を何としてでも助けようとする強い意志と、

それを妨げ・理解しようとしないお役所仕事の
保守的な罪悪が描かれています。

理想の医療を語り、実行してくれる速水に爽快感を覚えつつ、
それを許さない現実と戦い、血まみれになる将軍・速水の姿に
頼もしさ・力強さを覚える1冊。

もっと医療現場をめぐる問題を私たち国民1人1人が見つめなおして
いかなければならない時期に来ているんだなぁ、と考えさせられました。

これだけ潔い姿を書かれたら「参った!」というしかありません。
みんな、お医者さんがこうだといいのになぁ、という理想形を書いて
くれました。

次の「イノセント・ゲリラ」(緑)も楽しみです♪
スポンサーサイト

「流星の絆」

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


読了5冊目。(総合50冊目)
あおと評価:★★★★

久々に東野圭吾を読んでみました。
帯に書いてあるあらすじを鵜呑みにしちゃいけないなぁ、と思った1冊(笑)

帯にはこんな風に書いてあります。

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後―
彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。


これを読むと、まるで三兄妹が復讐だけを心に生きてきたような
ドロドロとした印象を受けますが、実際は、残酷な現実をそれなりに受け止め、

自分たちの強い絆を持って、自分たちなりに生き抜いていこうとする
兄妹の姿が描かれていて、好感が持てます。

そうやって必死に自分たちを不幸に陥れる現実に対抗して生きていく
兄妹たちの前に、ある日、偶然あらわれる殺人犯。

これはチャンスだ―と長男・功一が犯人を陥れる策を弄し、
それを実行していく次男・泰助と妹の静奈。

そして、いつしか静奈は仇の息子であるはずの行成に
本物の恋をして…。

静奈の不幸な生い立ちがあるだけに、純粋な気持ちで恋をする
彼女・そして人のいい行成をつい応援したくなってしまいます。

でも、その一方で復讐を果たさなければ、という気持ちと
板ばさみになり、苦しむ静奈。

2人の恋の行方を案じる読者の期待に応えるように
最後はいつもの東野マジックで怒涛の展開を迎え、
思いがけない方向へ…。

最後の数行で、三兄妹が結ばれているあったかい「流星の絆」に
触れることができます。

想像していた話の展開とは違ったけど、これはこれでよかったかな。

ドラマの方は見られなかったので、どんな展開になったのかは
気になりますが、DVDになったら見てみようかなと思います。

「ドミノ」

ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
(2004/01)
恩田 陸

商品詳細を見る


読了4冊目。(総合49冊目)
あおと評価:★★★★

登場人物27人と1匹(!)が織り成すドタバタコメディ。
始めは何の関係もない人物たちが、物語が進むにつれ奇妙な関係で
つながれていき、最後には東京駅に集結する。

OLのお菓子の紙袋と、初めて東京に出てきたおじいさんの紙袋、
そしてある男の紙袋のささいな取り違いは、テロ事件へと発展し、
事件はとんでもない方向へ…!

まるでドミノ倒しのように色んな人を巻き込んで、次々と発生する
事件の数々は見ていて飽きない。

先が見えない展開にハラハラさせられ、最後までさわやかな雰囲気に
思わず頬が緩む物語。

読んでいて気持ちのいい話です。

現実でも、もしかしたら自分たちからは見えないだけで、こういう連鎖は
おきているのかもしれませんね。

こういう楽しくなる本をたまには読んでスカッとするのもいいですねぇ。
もっとこういう本を書いてほしいです。

マンガ「聖☆お兄さん」

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
(2008/07/23)
中村 光

商品詳細を見る


あおと評価:★★★★

母が友人から借りていたマンガが面白いというので
読まさせてもらいました。

表紙の通り、ブッダとキリストのゆるゆるマンガ。

怒りを感じると後光が差すブッダや、我慢しすぎると聖痕が開いて
血まみれになっちゃうキリストなど、基本的な設定は抑えつつ、
2人のやりとりのおかしさがじわじわっとこみあげてくるマンガです。

1巻の最初の方はシュールすぎて笑えなかったけど、だんだん
おかしさがこみあげてきて、最後には何度か読み返してしまいました。

まだ2巻までしか出ていないんですね。早く次出てほしいなぁ。

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。