あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎドロップ 最終巻

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
(2012/03/08)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


とうとう10巻が出ました!最終巻もとい番外編です。

やっとコウキのおでこの傷跡の謎が明かされたり、その後の2人の様子が描かれていたり、
でも、ちょっとだけ期待してたのとは違ったような、ホッとしたような(笑)。

最後まで読んで、やっぱりしみじみと「うさぎドロップ」よかったなぁ、と
改めて思った1冊でした。

ファンなら買って損はないと思います。
スポンサーサイト

われはロボット

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)
(2004/08/06)
アイザック・アシモフ

商品詳細を見る


アシモフの名前は知っていたのだけれど、大学生の時に勧められるまで
1冊も読んだことがありませんでした。

SF方面にはほとんど縁のなかった私。
初めて読んだ時はこんな小説があるのだと、新鮮に感じました。

読んだことのない作家だと、どうしても最初は気負いが入ってしまう部分があるのは
否めないのですが、この小説は表紙のおかげでそんなこともなかった気がします。

ロボットの絵がすごく可愛らしい。
こんな愛らしいロボットの話なら、読んでみたいというのが最初の印象でした。

読んでみると分かるのですが、ロボットへの愛情にあふれている1冊、
といった感じがします。

ロボットの存在意義、人間との関係性。
そして、感情のないはずの彼らがもたらす歓喜と悲哀。

少し和訳が丁寧すぎるような部分もあった気がするけれど、
それは外国の本だからこんなものかな、という気もするし許容の範囲内ですね。

むしろそれが雰囲気を出していて、よかった部分もあったし。

面白くて、また日が経ってから読もうと思いつつ、
気がついたら何年越し、になってしまいましたが、また読んでやっぱり面白いと思いました。

そして、また数年したら読んで楽しむのでしょう。
何度も読んで楽しめる小説です。

「あぁ、面白かった!」
と満足してページを閉じることの出来る、極上の1冊です。

うさぎドロップ

うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))
(2006/05/19)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


最近、見つけたマンガです。
全9巻だったかな。

前半は子育て要素、後半は恋愛要素で出来ています。

祖父のお葬式に出た主人公・大吉が、その場で祖父の隠し子と思われる「りん」を
引き取って、父親代わりとして育てるというストーリー。

親戚みんなが急に現れた隠し子の存在にとまどい、厄介者扱いするのを見かねて
独身(恋人なし・結婚経験なし)にも関わらず、いきなり6歳の女の子を引き取ることに。

最初はもちろん様々な問題に直面して、とても苦労します。

でも、どんな時でも大吉のりんを見守る視線が優しく、愛情にあふれていて、
見ているこちらまでほんわかした気持ちにさせられます。

大吉がりんと過ごしている時にぶつかる問題は、子育てをしている人なら
きっとみんながぶつかる問題で、「そうそう」と思わず共感。

一番印象的だったのは、引き取ると言い出した大吉に
「引き取るなんてありえない」とみんなが声を揃えて反対し、

「私はあんたたちを育てるために、どれだけ自分の時間を犠牲にしたと思ってるの!?
 独身で子どもも育てたこともないあんたに、そんなこと出来るわけない!」


というようなセリフを声高に叫ぶ自分の母親に対し、

「俺はりんのために、果たして自分を犠牲にしているんだろうか・・・?」

と疑問に思う大吉。
それに子育て仲間のママ友・パパ友がくれた答えがとても素敵でした。

「私はそんな風に思ったことはありません。
 だって、仕事をしている時間は自分の時間でしょ?子どもと一緒にいる時も自分の時間。
 全部、自分の時間ですもの」


にっこり笑って、そんな風に幸せそうに答える彼らのセリフに心打たれました。
そんな風に考えることも出来るんだなぁ、と目から鱗の思いでした。

時々、そのセリフを思い出すと、スッと心の中が軽くなるようになりました。

子育ては基本的には楽しいものですが、時々ちょっと行き詰まる時もあって、
そんな時は、色々なものにちょっと勇気をもらいます。

その中の一つが、うさぎドロップでした。

後半の部分は、ちょっと展開が飛んでいる気もするけれど、
ほんわかした雰囲気が最後まで続いていて、それはそれで好きです。

何度も読み返したくなるいいマンガだな、と思いました。

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。