あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流星の絆」

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


読了5冊目。(総合50冊目)
あおと評価:★★★★

久々に東野圭吾を読んでみました。
帯に書いてあるあらすじを鵜呑みにしちゃいけないなぁ、と思った1冊(笑)

帯にはこんな風に書いてあります。

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後―
彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。


これを読むと、まるで三兄妹が復讐だけを心に生きてきたような
ドロドロとした印象を受けますが、実際は、残酷な現実をそれなりに受け止め、

自分たちの強い絆を持って、自分たちなりに生き抜いていこうとする
兄妹の姿が描かれていて、好感が持てます。

そうやって必死に自分たちを不幸に陥れる現実に対抗して生きていく
兄妹たちの前に、ある日、偶然あらわれる殺人犯。

これはチャンスだ―と長男・功一が犯人を陥れる策を弄し、
それを実行していく次男・泰助と妹の静奈。

そして、いつしか静奈は仇の息子であるはずの行成に
本物の恋をして…。

静奈の不幸な生い立ちがあるだけに、純粋な気持ちで恋をする
彼女・そして人のいい行成をつい応援したくなってしまいます。

でも、その一方で復讐を果たさなければ、という気持ちと
板ばさみになり、苦しむ静奈。

2人の恋の行方を案じる読者の期待に応えるように
最後はいつもの東野マジックで怒涛の展開を迎え、
思いがけない方向へ…。

最後の数行で、三兄妹が結ばれているあったかい「流星の絆」に
触れることができます。

想像していた話の展開とは違ったけど、これはこれでよかったかな。

ドラマの方は見られなかったので、どんな展開になったのかは
気になりますが、DVDになったら見てみようかなと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。