あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂尊

商品詳細を見る


ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂尊

商品詳細を見る


読了6冊目。(総合51冊目)
あおと評価:★★★★

やっと手に入れられた「チーム・バチスタの栄光」でおなじみの
田口・白鳥シリーズ第3弾の文庫本。

昨年の終わりごろ、地元の本屋さんで下巻だけが売っていて、
思わずハードカバーを買いそうになったけど、我慢していたかいがありました。

最初に「チーム・バチスタの栄光」を文庫から買ったので、
全部文庫で制覇したいと思ってます。

だから、次の「イノセント・ゲリラの祝祭」も、もうハードカバーでは
出てるのを知ってるけど、まだ買わない…。うぅ…。

「チーム・バチスタの栄光」は栄光にちなんで黄色、
「ナイチンゲールの沈黙」は沈黙を表す(?)青、
そして、今回の「ジェネラル・ルージュ」はルージュの色で赤。

まぁ、今回の赤の意味には「”血まみれ”将軍」の異名から
取った赤も入っているようですが。

「バチスタ」が栄光の陰に潜む胡散臭さ、「ナイチンゲール」が狂気とすれば、
「ジェネラル」は高潔な傲慢さ、っていう表現が一番似合いますね。

もっと言うと、「バチスタ」が秀吉、「ナイチンゲール」が家康、
「ジェネラル」が信長って感じでしょうか。
(あくまで私の物語全体に対するイメージですよ。)

なにしろ今回の物語は「バチスタ」や「ナイチンゲール」にあったような
犯人探しや謎解きがメインではありません。

救急救命部長・速水医師の医療に対する情熱、
目の前の患者を何としてでも助けようとする強い意志と、

それを妨げ・理解しようとしないお役所仕事の
保守的な罪悪が描かれています。

理想の医療を語り、実行してくれる速水に爽快感を覚えつつ、
それを許さない現実と戦い、血まみれになる将軍・速水の姿に
頼もしさ・力強さを覚える1冊。

もっと医療現場をめぐる問題を私たち国民1人1人が見つめなおして
いかなければならない時期に来ているんだなぁ、と考えさせられました。

これだけ潔い姿を書かれたら「参った!」というしかありません。
みんな、お医者さんがこうだといいのになぁ、という理想形を書いて
くれました。

次の「イノセント・ゲリラ」(緑)も楽しみです♪
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。