あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こどもの一生」

こどもの一生 (集英社文庫)こどもの一生 (集英社文庫)
(2006/07)
中島 らも

商品詳細を見る


2009年読了9冊目。(総合54冊)
あおと評価:★★

内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸内海の小島をレジャーランドにするためにヘリを飛ばし下見に来た男二人は、セラピー施設に治療のためと称して入院し一週間を過ごすことになった。
しかしすでにそこには女二人、男一人の患者―クライアントがいた。
五人は投薬と催眠術を使った治療で、こども時代へと意識は遡る。三分の二は笑いに溢れ、最後の三分の一は恐怖に引きつる。鬼才・中島らもが遺した超B級ホラー小説。



「ガダラの豚」を読了後に読んでしまったので、どうしても「ガダラ」の
二番煎じ的な印象を受けました。
肝心なところのアイデアが、「ガダラ」と一緒だからです。

半分くらいまでは、だらだらと話が続いていきます。

私の勝手なイメージだと、ホラー小説は3分の1が前振り、
真ん中あたりが恐怖の対象との攻防、そして、残り3分の1くらいに入ったところで絶望、
最後の十数ページでパッと急展開し、最後はめでたしめでたし。

だと思っていたので、3分の2あたりまでが前振りということにとまどいを覚え、
「あれ?いつになったら、メイン(恐怖との攻防)が始まるのかな?」
という感じでした。

「ガダラ」に比べ、こちらは「怖い」がメインだったので、
悪夢にうなされるような種類の怖さではありませんでした。
(「ガダラ」は夢に出てきそうなくらいリアルな気持ち悪さと、強烈な怖さだった)

この物語は、結構早い段階で主人公たちが10歳の子ども時代に退行するのですが、
話は10歳に退行したまま、子どものケンカシーンがメインで進んでいくので、
あまり面白さは感じません。

紹介文では、”3分の2が笑いに溢れ”とありますが、うーーーーん。。。
最後は、紹介文通り”恐怖に引きつ”りましたが。

いるはずのない人物「山田のおじさん」(この人が怖いんです)が、
なぜ出てきたのか、最後はなぜ助かったのか、が理由がまったくわかりません。

もちろん何となく推測することはできますが、それにしても納得がいかない。

ホラーだから、そんなことを考える私がナンセンスなの??
とも思いますが、はっきりしないと気持ちの収まりがつかない私としては
なんだかすわりが悪い作品でした。

「こどもの一生」というタイトルもしっくり来ません。
どうしても内容とタイトルがずれてしまっている、という感じが否めません。
もう少し違う他のタイトルでもよかったはず。

後ろのあらすじを読んだ時は、勝手に全然違う話を想像して買ったのですが、
ちょっと「ガダラ」を読んだ後では、期待はずれだったかな。
順番を逆に読んだら、もしかしたら少しは面白かったかもしれません。

もともとこの物語は、劇団用に書かれた脚本を小説に直したものだそうなので、
舞台で見たら、面白かったのかもしれませんね。

「ガダラ」くらい面白いのかも!と期待が大きかっただけに、評価は★2つ。
「ガダラ」より先に読んでいたら★3つだった・・・・かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。