あおとの本棚

読んだ本の内容や感想をつづっていきます。 独断と偏見による評価は最大★5つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間目標の結果

昨年の年間目標が20冊で、実際に読んだのが25冊だったので、
今年は少し増やして年間40冊の目標でしたが、

今日このギリギリの時間にようやく40冊達成出来ました!

今年最後の本はこれ。

チッチと子 (新潮文庫)チッチと子 (新潮文庫)
(2012/12/24)
石田 衣良

商品詳細を見る


実はすでに1度読んだことのある本なのですが、その時は最初だったので、
様々な衝撃と共に読んだ本でした。

文章の感触としては、とてもサラサラと手触りの良い絹を触っているように
心地よく読めるのですが、それでも読んでいると、

色々と染みてくる言葉が多く、
もう一度ちゃんと腰を落ち着けて読みたい、と思っていたので、
文庫版になったのを機に購入してみました。

改めて読んで買ってよかったと思いました。

この本の中に出てくる色々な文が好きなのですが、中でも最後の方に出てくる
この部分は特によかったです。

「ここにいる人は誰もが、一度は本に命を助けられた経験があると思います。生きることが苦しくてたまらないとき、人生の道に迷ったとき、なにもかも嫌になったとき、なに気なく手にした一冊の本が新しい一歩を踏みだすように背中を押してくれる。世のなかに立ちむかう勇気をくれる。一冊のおもしろおかしい本にさえ、人の命を救う力があるんです。(後略)」



本当にその通り。

それに、どんなに苦しくても悲しくても切なく心が千切れそうになっていても、
本を読んでいる時だけはそのことを忘れられる。

その世界に入ってしまえば、本の世界の感情が心にうつって、
最後には少しだけあたたかな気持ちになれるのです。

「チッチと子」は共感するところもあり、切なくて、
だけど、救われるところもあって。

前回とはまた違った心持ちで読んで、そして読んでよかったと思いました。

私に今、必要な本、だった気がします。

今年最後の本はこれにしてよかったと、そう思います。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

プロフィール

あおと

Author:あおと
本好きの29歳。
ミステリ、文学、エッセイ、ファンタジーが得意。たまには、ホラーやマンガ、
絵本も読んでみたり。

隙間があればすかさず本を読んでます。

今のところのお気に入りは、
「夏のレプリカ」森博嗣
「黒と茶の幻想」恩田陸
「木曜組曲」恩田陸
「カラフル」森絵都  などです。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。